コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォーターフォール・モデル ウォーターフォール モデル

1件 の用語解説(ウォーターフォール・モデルの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ウォーターフォール・モデル

システム開発の手法のひとつ。開発の手順を複数の工程に分割し、滝の水が上から下に落ちるように、上位の工程から順に開発を進めていく手法のこと。各工程が終了したら緻密なチェックを行ってから次の工程に進み、原則として途中で工程をさかのぼることはない。システムの全容が早い段階で明確にできるのが長所だが、仕様の変更や修正が発生した場合に、工程を逆戻りすることが難しいため、期間と費用が多くかかってしまうこともある。大規模なシステム開発に向いており、もっともよく利用されてきた。最近では、より柔軟に仕様変更が可能で、短期間で開発できる開発モデルとしてアジャイルが注目されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォーターフォール・モデルの関連キーワード総合情報開発

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone