ウォードライビング(読み)うぉーどらいびんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ウォードライビング

無線LANのアクセスポイントに不正に侵入するために、無線LANが利用できるノートパソコンなどを車に積み込み、侵入できるアクセスポイントを求めてオフィス街などを走り回ること。無線LANが使用する電波は屋外でも十分に届くため、このような不正侵入を防ぐには、データの暗号化やMACアドレスの制限などのセキュリティ対策が必要である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android