手口(読み)テグチ

大辞林 第三版の解説

てぐち【手口】

悪事などを実行した時の方法・手段。 「巧妙な-」 「掏摸すりの-」
取引所におけるある業者の売買の内容。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

て‐ぐち【手口】

〘名〙
① やりかた。特に、犯行のやりくち。
恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉三一「予(かね)て為慣(しな)れた覚えの手口(テグチ)とて、難無く圊(かはや)に這上って」
② 取引市場で取引した売手・買手。〔取引所用語字彙(1917)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の手口の言及

【取引所】より

…〈追随高〉〈追随安〉ともいう。 手口証券会社各社の売り買いの内容を示すもので,どの証券会社がどの株をどれだけ売り買いしたかをいう。 手じまう信用取引で建玉を転売または買い戻して決済し,売買関係から離れることをいう。…

※「手口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手口の関連情報