コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスパヤタ[峠] ウスパヤタ

2件 の用語解説(ウスパヤタ[峠]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウスパヤタ[峠]【ウスパヤタ】

アンデス山脈南部アコンカグア山の南南西アルゼンチンとチリ国境にある峠。標高3855m。かつてアルゼンチンのメンドサとチリのサンティアゴの間を結ぶアンデス横断鉄道がここを通っていたが,現在は自動車道路のトンネルがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウスパヤタ[峠]【La Cumbre de Uspallata】

チリのサンチアゴ北北東約90km(南緯32゜50′,西経70゜40′)にある国境の峠。アンデス山脈を越え,アルゼンチンとチリを結ぶ交通路のうち最も重要な峠である。峠の標高は3855m。1887年着工,1910年完成のトランス・アンデス鉄道のトンネル(長さ3137m,最高点3185m)がある。電車が来ないときは,トンネルの軌道の上を車で通れる。峠には両国の国境における平和を願ってキリスト像が立てられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウスパヤタ[峠]の関連キーワードサンチアゴサンティアゴドノソコンチリサンサンタルチアちりんちりん北北東ムラーノ島となりのカッパさんち。豚ちり

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone