コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウニャンガケビール Ounianga Kébir

デジタル大辞泉の解説

ウニャンガ‐ケビール(Ounianga Kébir)

チャド北東部の町。エネディ高原ティベスティ山地の間に位置する。同地方の中心地。近隣には塩分濃度の違いにより赤・青の色を呈するカタム湖や、最も面積が大きいイオア湖などがあり、これらは2012年にウニャンガ湖沼群として世界遺産(自然遺産)に登録された。オウニアンガケビール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android