ウニャンガケビール(英語表記)Ounianga Kébir

デジタル大辞泉の解説

ウニャンガ‐ケビール(Ounianga Kébir)

チャド北東部の町。エネディ高原ティベスティ山地の間に位置する。同地方の中心地。近隣には塩分濃度の違いにより赤・青の色を呈するカタム湖や、最も面積が大きいイオア湖などがあり、これらは2012年にウニャンガ湖沼群として世界遺産(自然遺産)に登録された。オウニアンガケビール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android