ウラジロフジウツギ(読み)うらじろふじうつぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ウラジロフジウツギ」の解説

ウラジロフジウツギ
うらじろふじうつぎ
[学] Buddleja curviflora Hook. et Arn. f. venenifera (Makino) Yamazaki

フジウツギ科の落葉低木。フジウツギに似ているが、が円く、葉はほぼ全縁なので区別できる。葉裏には星状毛が多くて白い。7~10月に紫色の花が開く。茎葉果実に刺激性精油およびサポニンを含み、有毒である。四国、九州、沖縄に分布する。基本種は葉裏に毛の少ないもので、コフジウツギという。

小林義雄

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウラジロフジウツギの言及

【ブッドレア】より

…花にチョウが好んでくるため,英語でbutterfly bushと呼ぶ。日本にはフジウツギB.japonica Hemsl.とウラジロフジウツギB.curviflora Hook.et Arn.f.venefera (Makino) Yamazakiが自生し,後者は魚毒として使う。琉球で古くから栽培されるトウフジウツギB.lindleyana Fort.は中国原産である。…

※「ウラジロフジウツギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android