園芸植物(読み)えんげいしょくぶつ

精選版 日本国語大辞典「園芸植物」の解説

えんげい‐しょくぶつ ヱンゲイ‥【園芸植物】

〘名〙 花卉(かき)蔬菜(そさい)果樹などの作物をいう。古く、家の回りや庭園の一部に植えられていた植物で、それらの生産加工、または造園の目的で栽培されるようになった。園芸作物

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の園芸植物の言及

【園芸】より

…また,今日でも園芸というと花の栽培や庭造りのことだと考える人がいるが,これは,(1)日本では近年になるまで,果樹・野菜と花を同一の場所で栽培するということがほとんどなかった,(2)稲作をはじめとする日本の農業そのものがひじょうに集約的で,果樹や野菜栽培との違いがあまりはっきりしないという事情を反映していると思われる。果物野菜【杉山 信男】
【園芸の歴史】
 園芸植物の成立には三つの過程がある。その一つは野生植物の栽培化であり,二番目は栽培化された植物の移動・伝播(でんぱ),最後に品種の改良である。…

※「園芸植物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android