園芸植物(読み)えんげいしょくぶつ

精選版 日本国語大辞典 「園芸植物」の意味・読み・例文・類語

えんげい‐しょくぶつヱンゲイ‥【園芸植物】

  1. 〘 名詞 〙 花卉(かき)蔬菜(そさい)果樹などの作物をいう。古く、家の回りや庭園一部に植えられていた植物で、それらの生産加工、または造園目的で栽培されるようになった。園芸作物

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「園芸植物」の意味・わかりやすい解説

園芸植物 (えんげいしょくぶつ)

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の園芸植物の言及

【園芸】より

…また,今日でも園芸というと花の栽培や庭造りのことだと考える人がいるが,これは,(1)日本では近年になるまで,果樹・野菜と花を同一の場所で栽培するということがほとんどなかった,(2)稲作をはじめとする日本の農業そのものがひじょうに集約的で,果樹や野菜栽培との違いがあまりはっきりしないという事情を反映していると思われる。果物野菜【杉山 信男】
【園芸の歴史】
 園芸植物の成立には三つの過程がある。その一つは野生植物の栽培化であり,二番目は栽培化された植物の移動・伝播(でんぱ),最後に品種の改良である。…

※「園芸植物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android