コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラニウム・シティ Uranium City

世界大百科事典 第2版の解説

ウラニウム・シティ【Uranium City】

カナダ,サスカチェワン州北西部,ビーバーロッジ湖の近くにある都市。人口2147(1976)。周辺部は豊かなウラン鉱で知られ,1950年代初頭,エルドラド鉱業製錬会社により建設された。ウラニウム・シティを中心とするサスカチェワン州のウラン産出量はカナダ随一である。アルバータ州の州都エドモントンと空路で結ばれている。【大原 祐子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ウラニウム・シティの関連キーワードアサバスカ[湖]アサバスカ湖

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android