コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルツ反応 ウルツはんのう Wurtz reaction

2件 の用語解説(ウルツ反応の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウルツはんのう【ウルツ反応 Wurtz reaction】

ハロゲン化アルキルに金属ナトリウムを作用させて,二量化生成物を得る反応。1855年C.A.ウルツにより発見された。ウルツ反応自身は対称な炭化水素の合成反応であるが,フィティヒRudolf Fittig(1835‐1910)は64年この反応を芳香族ハロゲン化物(ハロゲン化アリール,次式のArX)とハロゲン化アルキルとのカップリング反応に応用した。これはウルツ=フィティヒ反応(単にフィティヒ反応ともいう)として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウルツ反応の関連キーワード過酸化ナトリウムシアン化ナトリウムナトリウムランプハロゲン化物ハロゲン族元素亜硝酸ナトリウム珪酸ナトリウムハロゲン化銀ナトリウム炎グリニヤール反応

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone