コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウロクロム urochrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウロクロム
urochrome

ウロビリンとともに,正常尿中に存在する主要な黄色色素成分。尿中には前駆物質であるウロクロモーゲンとともに存在し,普通尿中に1日 0.4~0.7g排出されるが,臨床的意義はほとんどない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ウロクロム

 尿の黄色成分で高分子化合物.構成成分としてアミノ酸が同定されているが構造は明らかではない.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android