ウーミンの森(読み)ウーミンのもり(英語表記)U Minh Forest

世界大百科事典 第2版の解説

ウーミンのもり【ウーミンの森 U Minh Forest】

ベトナム南端,広大なメコン・デルタ西部のカマウ半島の北西部を占める密林。東はカイ・ロン川,西はトレム川などで境された広い低湿地帯で,標高2m余にすぎず,高温多湿の風土のため,一面の熱帯性密林に覆われる。周辺は次第に開拓され,北部には浮稲地帯が広がり,また東・南部には雨季1回移植の水田が開けつつあるが,この森だけはほとんど無住地域である。【別技 篤彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android