コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアリアル(英語表記)aerial

翻訳|aerial

大辞林 第三版の解説

エアリアル【aerial】

フリースタイル-スキーの一種目。キッカーと呼ばれる特設のジャンプ台から空中に飛び出し、宙返りやひねりなどの空中演技を競う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のエアリアルの言及

【アンテナ】より

…電気回路のエネルギーを電磁波のエネルギーに変換して空間に放射するのが送信アンテナであり,逆に電磁波のエネルギーを吸収して電気回路のエネルギーに変換するのが受信アンテナである。アンテナantennaは,元来昆虫などの触角を意味する語であって,形状,設置場所などには関係のないものであるが,初期のアンテナの大部分が空中に張られた導線であったため,英語ではエアリアルaerial,日本語では空中線と呼ばれた。ところが,最近のアンテナには線状でないものが非常に多く,空中線という用語が不適当なものとなってきた。…

※「エアリアル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エアリアルの関連情報