コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアレッグ

1件 の用語解説(エアレッグの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エアレッグ

圧縮空気で脚が伸縮する削岩機などの支持装置。1930年ドイツのフロットマン社が初めて開発製作したもの。作業の進行につれてピストンが望遠鏡筒のように押し出され,削岩機を前進させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のエアレッグの言及

【削岩機(鑿岩機)】より

…日本で削岩機の製造が始まったのは,このライナーの特許が期限切れとなった14年のことであった。30年にはドイツのフロットマン社が,削岩機本体を支持するための圧気ピストン(エアレッグ)を有する小型削岩機(レッグハンマー)を製作した。第2次世界大戦後になると,大型削岩機を何台も搭載して自走するジャンボjumboやクローラードリルが急速に普及した。…

※「エアレッグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone