コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクソ地向斜 エクソちこうしゃ exogeosyncline

1件 の用語解説(エクソ地向斜の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

エクソ地向斜

クラトンの周辺部に位置する地向斜で,正地向斜(orthogeosyncline)から発達した褶曲山地の浸食によって厚い陸源堆積物が供給された地域.造山運動後期にできる準地向斜(parageosyncline)の一種[Kay : 1942, 木村ほか : 1973].デルタ地向斜(delta geosyncline)[Kay : 1951, Aubouin : 1965]と同義.この語は必要のない名称である[Aubouin : 1965].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エクソ地向斜の関連キーワード沿大陸地向斜クラトン内部の盆地ジューゴ地向斜準地向斜正地向斜多地向斜タフロ地向斜ミオ地向斜モノ地向斜ユー地向斜

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone