コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エシェリキア エシェリキアEscherichia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エシェリキア
Escherichia

腸内細菌科の1属。数種知られているがエシェリキア・コリが大腸菌として最も普通に知られていて,人体の腸内には必ず生息している。したがって排泄物の混っている土壌や汚水中にも多数発見されるはずで,環境汚染の指標となっている。短い桿菌で,グラム陰性。病原性はごく一部のものだけが示し,そのような菌は腸管病原性大腸菌と呼ばれている。エシェリキア・コリ (おもに大腸菌 K12株) は生物学上の諸研究の材料に用いられており,近年特に遺伝子工学の材料ともされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エシェリキアの関連キーワードエシェリヒアコリ腸内細菌

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エシェリキアの関連情報