コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エステル記への付加 エステルきへのふかThe Rest of Esther

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エステル記への付加
エステルきへのふか
The Rest of Esther

旧約聖書外典の一つ。成立年代は明らかでないが,前2世紀から後1世紀頃とされている。ヘブライ語原典にはなく,セプトゥアギンタ (ギリシア語七十人訳聖書) でこの部分が付加された。内容は,ユダヤ人モルデカイが幻を見,王への陰謀をあばくが,かえって大臣ハマンの反感を招き,ユダヤ人迫害が始る。モルデカイとエステルが祈りを捧げ,ついにユダヤ人とペルシア人との宥和が達成され,ともにプリム祭を祝うことが宣言されるというもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android