コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスビエル Esbjerg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エスビエル
Esbjerg

デンマーク南部,リベ県の都市。ユラン半島南西部にある海港。北シュレースウィヒをドイツに奪われたのち,1868年ユラン地方の農畜産物の輸出港として建設され,74年の港湾施設完成後,急速に発展した。イギリスや他のヨーロッパ諸国との交易が盛んで,10kmに及ぶ埠頭をもつ国内最大の漁港でもある。港の入口にあるファーネ島は海水浴場として有名。フェリーが連絡する。人口8万 1616 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エスビエルの関連キーワードラスムセン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android