コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埠頭 ふとう wharf

翻訳|wharf

6件 の用語解説(埠頭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

埠頭
ふとう
wharf

船が横づけし,船客の乗降,貨物の荷役などが行われる場所。港の水陸輸送の施設を備えている。利用上から旅客用,貨客混用,貨物用などの種類があるが,係船施設,荷役施設のほか,上屋,倉庫,野積み場,道路,鉄道などがあって,港湾施設の中心である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふ‐とう【×埠頭】

港内で、船を横づけにして荷物の積み卸しや旅客の乗降などをする区域。陸から海に突き出して設けるものが多い。波止場(はとば)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

埠頭【ふとう】

港湾において,船と陸岸とを連絡し,貨物の保管および荷役などの機能をもつ区域をいう。岸壁,桟橋などの係船岸,上屋,荷役機械,倉庫,臨港鉄道,道路などの陸上設備が含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふとう【埠頭】

港湾において旅客の乗降,貨物の積卸しの行われる空間をいう。岸壁,物揚げ場,桟橋などの係船岸を中心に,船舶係岸用の水面および旅客の乗降施設,貨物の積卸し,荷さばき,貯蔵ならびに臨港交通施設を配置した陸域一帯であり,海陸輸送の転換が行われる機能を果たす港湾の中で,もっとも重要な部分である。明治初期までは,波止(はと)もしくは波止場(はとば)と称していたが,水面が静穏であることと同時に,荷役・輸送の機能が重視されるようになって,明治22年横浜港築港以後は埠頭の名が広く用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふとう【埠頭】

港湾内で,船をつけ,乗客の乗降や貨物の積み降ろしをする区域。陸から海中に突き出させて築いたものと,陸に平行なものがある。波止場。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

埠頭
ふとう
wharf

旅客・貨物に対する水陸連絡のために、各種の施設が総合的に配置された区域であり、港湾の果たす機能のうち中核となる場所である。埠頭のもつ各種の施設には次のようなものがある。(1)岸壁、桟橋など船舶を係留する係船施設、(2)貨物の積み下ろしを行う荷役機械、上屋(うわや)などの荷さばき施設、(3)貨物を長期間保管する倉庫、野積場(のづみば)などの保管施設、(4)道路、鉄道など旅客・貨物の輸送に供する臨港交通施設、(5)旅客の乗降や待合室などの旅客施設、(6)船舶への給水、給油、食糧補給などのサービスを行う補給施設、(7)船員のための休泊・診療に供する厚生施設、等々である。[堀口孝男]

種類・形式

埠頭の平面形状としては、突堤式は横浜港、神戸港に多く、平行式は東京港や河港(かこう)(河川沿岸につくられた港)にみられる。切込み式は陸地を掘削するもので、潮差が大きいと水門によって閉ざすロンドン港の形式となる。島式はばら荷の取り扱いに有利であり、双子式は大小船舶の喫水にあわせた突堤形式で、横浜の新港埠頭がそれである。掘込み式は1935年インドで始められた形式を利用したもので、昭和30年代以降各地で施工され、荒い外海を敬遠して内陸の水路で静穏化したものである。専門埠頭ではあるがコンテナ埠頭は、今後の港湾界にもっとも影響を及ぼすものである。雑貨の90%以上がコンテナ輸送となり、コンテナ船の大型化により、水深13~14メートルの埠頭の建設が急がれる状況となっている。[堀口孝男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の埠頭の言及

【港湾】より

…この両面で目だった進展を見なかった第2次大戦前と戦後しばらくの時代,港湾は従来の伝統的な形態を続けてきた。つまり,これまでの港湾は,技術革新のテンポが緩慢であったことと,荷主産業の貿易取引単位が比較的小規模であったことから,港湾の大規模化,物資別専門埠頭(ふとう)化,荷主別専用埠頭化などの合理化,近代化があまり進まなかった。これが1950年代後半に入って世界の先進工業国が戦災の復興を成し遂げ,重化学工業を基幹とする飛躍的な経済の拡大発展とハイペースな技術革新との時代を迎えると,それまでの伝統的港湾形態は大きく変貌を遂げることとなった。…

※「埠頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

埠頭の関連キーワード上屋商港防波堤停車場荷役輸送機係船渠港湾荷役港湾料金

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

埠頭の関連情報