コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾイワナ えぞいわな

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾイワナ
えぞいわな

硬骨魚綱サケ科イワナ属のアメマスの別名。北海道全域および東北地方の太平洋側の河川上流に分布する淡水生活型のアメマスにエゾイワナの通名が与えられているが、北海道では一般にはこの名を用いず、単にイワナとよぶことが多い。[久保達郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエゾイワナの言及

【イワナ(岩魚)】より

…体長は30cmほどになり,体側に小判形のパー・マークparr markという斑紋をもち,また,小さな淡灰色の円点があり,側線より下にはさらに小さな朱点が混在する。これらの斑点には個体によって変異が認められ,それぞれが異なった種類(エゾイワナ,ニッコウイワナ,ヤマトイワナ)とする説があるが,変異に北から南への傾向性が存在するため同一種内の地方的変異とする説があり一定しない。九州,四国には分布しない。…

※「エゾイワナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android