エディション(英語表記)Edition

精選版 日本国語大辞典 「エディション」の意味・読み・例文・類語

エディション

〘名〙 (edition) (出版物の)版。初版再版、あるいは、発行国、発行所種別などを表わすときに用いる。〔外来語辞典(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「エディション」の意味・読み・例文・類語

エディション(edition)

出版物の、版。「サードエディション(=3版)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パソコンで困ったときに開く本 「エディション」の解説

エディション

「第3版」や「簡易版」などの「版」のことです。マイクロソフトの「ウィンドウズ」や「オフィス」は、機能構成の異なる複数製品が用意されており、それぞれの製品を「エディション」として区別します。例えば、ウィンドウズ8には、単なる「ウィンドウズ8」と「ウィンドウズ8プロ」という2つのエディションがあり、オフィスには「ホーム&ビジネス」や「パーソナル」などのエディションがある、といった具合です。
⇨ウィンドウズ8

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android