コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エバーホワイト エバーホワイト

2件 の用語解説(エバーホワイトの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

エバーホワイト

ever+white〕
過酸化水素を用いる織物の漂白法。主に木綿に用いる。商標名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エバーホワイト【Ever‐white】

〈いつまでも白い〉という意を含ませた,アメリカデュポン社の布地の登録商標過酸化水素を用いた,綿布などの連続漂白法で漂白したものであり,漂白効果が長もちする。【坂本 宗仙】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エバーホワイトの関連キーワード何時何時迄も何時となく何時迄何時迄も含ませ万年何時が何時まで何時迄もあると思うな親と金墨継ぎいつまでも折にふれて

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone