コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピタキシャル・プレーナ型トランジスタ エピタキシャル・プレーナがたトランジスタ epitaxial planar transistor

1件 の用語解説(エピタキシャル・プレーナ型トランジスタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピタキシャル・プレーナ型トランジスタ
エピタキシャル・プレーナがたトランジスタ
epitaxial planar transistor

低抵抗の半導体ウエハの表面上に 10~数十μmの均一な厚みの高抵抗の層をエピタキシャル技術で成長させ,この結晶成長層中にエミッタ接合コレクタ接合を構成したプレーナ型トランジスタ。結晶成長層を用いないプレーナトランジスタに比べてコレクタ領域の直列抵抗が低いため,耐圧を高くしたままコレクタ飽和電圧を低くすることができ,特性が非常によくなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エピタキシャル・プレーナ型トランジスタの関連キーワードディスクリート半導体真性半導体半導体素子ピエゾ抵抗効果不純物半導体アルスリソグラフィー技術ウエハー上原信越半導体

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone