コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピユー地向斜 エピユーちこうしゃepieugeosyncline

岩石学辞典の解説

エピユー地向斜

造山運動後に背後凹地に堆積した厚い堆積物に対して付けた名称[Kay : 1951].造山運動後の深い地溝で,既存のユー地向斜の位置に形成され,上昇したユー地向斜の岩石から堆積物が供給される[Kay : 1945, 1951].真の地向斜ではないという意見がある[Aubouin : 1965].造山運動を受けて半ば固化あるいは固化を完了した後に正地向斜があった帯に生じた地向斜で,狭く深く沈降した細長い盆地で,狭い隆起帯を伴い火山活動は少ない[木村ほか : 1973].中間盆地(intradeep),後背盆地(backdeep)と同義.ギリシャ語のepiは上に,euは良いの意味.⇒ユー地向斜

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

エピユー地向斜の関連キーワード造山運動

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android