固化(読み)こか

精選版 日本国語大辞典「固化」の解説

こ‐か ‥クヮ【固化】

〘名〙 物をかためること。物がかたまること。また、表情などをかたくすること。無表情になること。
※百万人の科学(1939)〈竹内時男〉六「ドライ・アイスは、炭酸ガスの液化又固化したものである」
※潮騒(1954)〈三島由紀夫〉八「それはひとたび固化すると、美しい顔よりも、ずっと巧みに感情をいつはることができた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「固化」の解説

こ‐か〔‐クワ〕【固化】

[名](スル)
かたくなること。物質が、気体または液体の状態から固体の状態に変化すること。「溶液が固化する」
表情態度などがかたくなること。こわばること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の固化の言及

【凝固】より

…物質が液体から固体になる現象で固化ともいう。融解の逆の現象である。…

※「固化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android