既存(読み)きそん

精選版 日本国語大辞典「既存」の解説

き‐そん【既存】

〙 すでにあること。
※心頭語(1900‐01)〈森鴎外〉一家の財政「此手段にして夫の妻を疎外するより出でば、是れ既存の不幸にして、妻の夫を疎外するとならば、是れ未来の不幸なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「既存」の解説

き‐そん【既存】

[名](スル)以前から存在すること。「既存の施設を活用する」
[補説]「きぞん」と読むのは、本来は誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android