コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エブシディック符号 エブシディックふごうEBCDIC code

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エブシディック符号
エブシディックふごう
EBCDIC code

大型計算機 (メインフレーム) で使われる二進数8桁 (8ビット) の符号体系。 EBCDICとは extended binary coded decimal interchange code (二進を十進に変換するように拡張された変換符号) の略称で,6ビットの BCD符号を拡張して 1964年に IBMが定義した8ビット符号である。0,1,2,3,4の数を 11110000,11110001,11110010,11110011,11110100とする。A,Bとa,bを 11000001,11000010,10000001,10000010とする。これはカード読み取り機や紙テープのコードに使われた。アスキー符号と比べて,コードの順番の小さい方にアルファベットが,大きい方に数字が割り当てられているのが特徴。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android