エリゼ宮(読み)エリゼキュウ

大辞林 第三版の解説

エリゼきゅう【エリゼ宮】

フランス大統領官邸。パリのサントノレ通りに面する。1718年創建、ナポレオン三世失脚後の1873年に官邸となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

エリゼ‐きゅう【エリゼ宮】

(Palais de l'Élysée) パリ市にあるフランス大統領官邸。セーヌ川右岸サントノレ通りに面する。一七一八年にエブルー伯爵が建築。ナポレオン三世失脚後の一八七三年から大統領官邸になる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のエリゼ宮の言及

【エリュシオン】より

…ベートーベンが第九交響曲に用いたシラーの《歓喜に寄す》にもエリュジウムElysiumとラテン語に由来する形で現れる。フランス大統領官邸エリゼ宮Élyséeの名もこれにちなむ。【辻村 誠三】。…

※「エリゼ宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エリゼ宮の関連情報