コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルラシディア Errachidia

デジタル大辞泉の解説

エルラシディア(Errachidia)

モロッコ東部の都市。ズィズ川沿いのオアシスに位置する。旧称クサールエッスーク。古くからサハラ砂漠を結ぶ交易の拠点として知られる。1975年に国王ハッサン2世の息子ムーレイ=ラシードにちなんで改称された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

エルラシディアの関連キーワードカスバ街道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android