コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンディミオンの眠り

1件 の用語解説(エンディミオンの眠りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

エンディミオンの眠り

フランスの画家アンヌ・ルイ・ジロデ・トリオゾンの絵画(1791)。原題《Endymion, effet de lune》。ギリシャ神話を題材とし、月の光に姿を変えた女神ディアナが羊飼いの美青年エンデュミオンの下を訪れた場面を神秘的に描いたもの。パリ、ルーヴル美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンディミオンの眠りの関連キーワードツールドフランスピエロデラフランチェスカジロデイタリアスタールマリアンヌリセエンヌルックセザンヌ頌セザンヌ礼賛マティスの肖像ル・シュウール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone