コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羊飼い ヒツジカイ

デジタル大辞泉の解説

ひつじ‐かい〔‐かひ〕【羊飼い】

羊を飼育する人。また、放牧された羊の世話やをする人。
[補説]書名別項。→羊飼い

ひつじかい【羊飼い】[書名]

《原題The Shepherdブランデンによる詩集。1922年刊。同年のホーソンデン賞を受賞。別邦題「牧人」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひつじかい【羊飼い】

羊を飼い育てる人。また、放牧された羊の番をする人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の羊飼いの言及

【賤民】より

…機織りも粉挽きも出生,成長と結びつく呪術的な仕事であり,娼婦は性という人間の内部にありながら人間を超えるものと結びついている点で,これらの人々も人間生活の二重の相貌の境界に生きる人々であった。このほか皮剝ぎ(),羊飼い,犬皮鞣工,家畜を去勢する者なども同時に共同体構成員ではない存在として賤視されていたが,彼らも動物とかかわる点で,人間の共同体を超えた世界と接していたのである。 煙突掃除人,乞食,遍歴楽師,陶工,煉瓦工なども共同体構成員になれない存在であり,特に遍歴芸人のような放浪者は定住民の共同体成員からは怖れられ,賤視される存在であったが,彼らも,土,火,水などとかかわる点で共同体にとって不可欠なものでありながら,他面で危険なエレメントと深くかかわる存在として怖れと賤視の対象とされたのである。…

【動物】より

…しかしキリスト教文化圏では単に羊を信者のシンボルに使うだけでなく,羊をめぐるさまざまのイメージ群を総動員して,キリスト教的世界の構造の総体を表現しようとする試みがなされた。すなわち,羊を信者のシンボルとすれば,羊飼いは信者の保護をつとめとする聖職者,そしてその聖職者に司牧の任を授けるキリストのシンボルとなる(善き羊飼い)。キリスト自身が小羊にたとえられることもあり,〈神の小羊Lamb of God〉はキリストの称号の一つである。…

【善き羊飼い】より

…旧約聖書では,ヤハウェや王が〈牧者〉に,ユダヤの民が〈羊の群れ〉にたとえられる(《エレミヤ書》《エゼキエル書》《詩篇》など)。新約聖書では,キリストは〈私は善き羊飼いである〉(《ヨハネによる福音書》10:1~18)と語った。ここから,キリスト教会では信徒が〈神の羊の群れ〉に,聖職者が〈牧者〉に,またキリストが〈大牧者〉(《ペテロの第1の手紙》5:3~4)にたとえられる。…

※「羊飼い」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

羊飼いの関連キーワード湯浅 譲二:二つのパストラール/piano soloジョン・ウィリアム(Jr.) フォックスブランデン エドマンド・チャールズパントーハ・デ・ラ・クルスハロルド・ベル ライトエンディミオンの眠りサミュエル イエレンシェパードチェックpall mall天国と地獄(音楽)トゥルグト・レイスマダニーイーン県イルレパストーレダフニスとクロエエンディミオン失われた羊の譬エンデュミオンシェパードパイグアダルーペツェベクミド

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羊飼いの関連情報