コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオツノジカ Megaceros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオツノジカ
Megaceros

偶蹄目反芻亜目シカ科の一属。掌状の角をもった大型のシカ類。絶滅種。ヨーロッパ地方の第四紀層から出土した M. hibernicusの角は巨大で,角の広がりは 3.5mにも達する。日本からも群馬県や岩手県などから,類縁のヤベオオツノジカを産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オオツノジカの関連キーワード野尻湖ナウマンゾウ博物館北海道夕張郡由仁町周口店動物群野尻湖底遺跡三ヶ日人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android