類縁(読み)るいえん

精選版 日本国語大辞典「類縁」の解説

るい‐えん【類縁】

〘名〙
① 親。一族。一類縁者。
② 似たところや、つながりがあること。ゆかり
沓掛より(1933)〈寺田寅彦〉一「何か一つの植物があると屹度其の近所にそれとよく似た別の植物が見付かるといふことである。〈〉さういふ類縁関係を辿って行くと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android