コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩手県 いわて

3件 の用語解説(岩手県の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩手県
いわて

面積 1万5278.89km2。人口 133万147(2010)。年降水量 1266.0 mm(盛岡市)。年平均気温 10.2℃(盛岡市)。県庁所在地 盛岡市。県木 ナンブアカマツ(→アカマツ)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いわて‐けん〔いはて‐〕【岩手県】

岩手

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕岩手〈県〉(いわて〈けん〉)


東北地方北東部、太平洋側に位置する県。
南北に紡錘形(ぼうすいけい)をなし、北は青森県、西は秋田県、南は宮城県に接する。面積は北海道に次いで大きく、人口密度も北海道に次いで低い。県域は東から三陸(さんりく)海岸、北上(きたかみ)高地、北上盆地に三分される。2011年(平成23)3月の東日本大震災で、地震と巨大津波により沿岸部が壊滅的被害を受けた。人口131万7795。面積1万5278.89km2。人口密度86.25人/km2。管轄市町村は13市15町5村。県庁所在地は盛岡市。県花はキリ。
歴史を見ると、旧石器時代の遺跡は北上盆地の縁辺に点在し、縄文・弥生遺跡は県内各地で発見される。中央勢力の進出は平安時代に始まり、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が征夷(せいい)大将軍として802年(延暦(えんりゃく)21)、現在の奥州市に胆沢(いさわ)城、翌年盛岡市に志波(しわ)城を築き、東北経営の前進基地とした。平安時代中期、前九年の役・後三年の役を経て奥州藤原(おうしゅうふじわら)氏が勢力を広げ、奥州全土を支配。平泉(ひらいずみ)を拠点に藤原三代、約100年間の栄華を誇った。1189年(文治(ぶんじ)5)、源頼朝(みなもとのよりとも)による奥州平定後は鎌倉幕府の直轄地となる。戦国時代からは北部を南部(なんぶ)氏が、南部を伊達(だて)氏が領有した。江戸時代はそれぞれ盛岡藩・仙台藩となる。しばしば冷害凶作による大飢饉(ききん)に見舞われ、百姓一揆(いっき)も頻発した。1870年(明治3)、盛岡藩が盛岡県となり、1871年に盛岡・江刺(えさし)・胆沢・一関(いちのせき)の4県を改め、盛岡・一関の2県とした。1872年、盛岡県を岩手県に改称。のち、県や郡の編入・改称を経て現在の県域となる。
地勢を見ると、秋田県境を奥羽(おうう)山脈が走り、中部から東部にかけて、県域の3分の2を占める北上高地が南北に広がる。その間を北上川が南流、県の中心地域の北上盆地が開ける。奥羽山脈は那須(なす)火山帯と重なり、八幡平(はちまんたい)・岩手山・焼石(やけいし)岳・栗駒(くりこま)山などの火山や温泉が多い。北上高地は隆起準平原で早池峰(はやちね)山などの残丘(ざんきゅう)が突出。三陸海岸は宮古(みやこ)市以北の隆起海岸と以南のリアス式海岸が好対照をなす。気候は、太平洋岸式気候に分類され、同緯度の秋田県よりも気温は低く、降雨量も少ない。奥羽山脈と山麓(さんろく)一帯は年間降水量2000mmを超える多雪地帯。その東の北上川流域の盆地は、夏季は南東、冬季は北西の乾燥した風が吹き、冬季は寒冷な盆地性気候を呈する。太平洋岸は他地区よりも温暖だが、夏季の偏東風「山背(やませ)」の影響で冷害が起きやすい。
産業は、第一次産業従事者の割合が高く、農業県としての性格が強い。耕地面積の6割近くを水田が占め、稲作を基幹とする農業が発展。産米の約7割は県外へ移出される。畑作は雑穀栽培から葉タバコホップ工芸作物リンゴホウレンソウなどの栽培へと移行した。ウマの放牧は、第二次世界大戦後の軍馬の需要減から酪農・畜産へ転換。乳牛の飼育頭数は北海道・栃木県に次ぐ。県面積の75%を山林が占め、製材・木材チップ・合板用の素材生産も多い。三陸沖の好漁場を控え、イワシサケ・マスサンマなどの漁業も活況を呈し、養殖漁業も盛ん。漁港は宮古・釜石(かまいし)・大船渡(おおふなと)の水揚げ高が大きい。工業は、電機・食品で出荷額の約半数を占めるが、小規模事業所が多い。鉱業では、石灰石・ケイ石の産出量がめだつ程度。
観光では、複雑な海岸線が美しい陸中(りくちゅう)海岸国立公園、八幡平の山岳景観で知られる十和田(とわだ)八幡平国立公園のほか、栗駒・早池峰の国定公園がある。平泉や盛岡城などの史跡観光地、花巻(はなまき)温泉郷、小岩井(こいわい)農場、安比(あっぴ)高原のスキー場などは県内外の観光客でにぎわう。平泉は、2011年に世界遺産(文化遺産)に登録された。重要無形民俗文化財の早池峰神楽(はやちねかぐら)・黒森神楽・山屋(やまや)の田植踊(たうえおどり)・永井の大念仏剣舞(だいねんぶつけんばい)・鬼剣舞(おにけんばい)や花巻の鹿踊(ししおどり)などの民俗芸能、黒石寺蘇民祭(そみんさい)・吉浜のスネカ・室根神社祭のマツリバ行事など異色の伝統行事も豊富で、ウマの無病を祈願するチャグチャグ馬コ行事は有名。
胆沢郡
一関市
岩手郡
奥州市
大船渡市
釜石市
上閉伊郡
北上市
久慈市
九戸郡
気仙郡
下閉伊郡
紫波郡
遠野市
西磐井郡
二戸郡
二戸市
八幡平市
花巻市
宮古市
盛岡市
陸前高田市
和賀郡

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩手県の関連キーワード東北地方茨城岩手太平洋側気候北東北南東北岩手[県]静岡[県]宮城[県]冠山〈越美山地〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩手県の関連情報