群馬県(読み)ぐんま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

群馬〔県〕
ぐんま

面積 6362.28km2
人口 197万3115(2015)。
年降水量 1248.5mm(前橋市)。
年平均気温 14.6℃(前橋市)。
県庁所在地 前橋市
県木 クロマツ
県花 レンゲツツジ
県鳥 ヤマドリ

関東地方の北西部にある内陸県。県域は南東部の利根川沿いの低地を除いては,山地,火山の裾野,扇状地,台地が多い。東部には足尾山地,北部から北西部にかけては三国山脈,南西部に関東山地が連なる。さらに那須火山帯にあり,浅間山,白根山,赤城山,榛名山などの火山が広い裾野を形成。山麓には多数の温泉が湧出。気候は内陸性気候の特色を示し,特に冬季は乾燥し,寒さが厳しく「上州おろし」と呼ばれる北西季節風が吹く。山地の降雪量も多い。古くから開け,岩宿遺跡 (国指定史跡) や多胡碑 (国指定特別史跡。→上野三碑 ) など多くの遺跡や古墳がある。大化改新で上野国 (こうずけのくに) となり,各地に荘園が形成され,絹織物が生産された。中世には大小の豪族が割拠し,近世には江戸城に近いため中山道日光例幣使街道など主要交通路が整備された。明治4 (1871) 年廃藩置県で9県に分かれ,離合集散の末,ほぼ旧上野国の領域が現在の群馬県域となった (1876) 。第2次世界大戦前までは,養蚕および織物生産を除いては,農林業中心の産業構造であったが,戦後は織物生産に加え,木工,機械工業などが立地。近年は工業団地の造成が進み,自動車とその部品,電気機器,ビール醸造,製粉などの食品工業が進出し,工業が県産業の主流を占める。それとともに農業も畜産,野菜栽培を主とした都市近郊型農業に移行している。一部が尾瀬国立公園上信越高原国立公園日光国立公園に属する。 JR上越線のほか上越新幹線,関越自動車道,上信越自動車道などが通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕群馬〈県〉(ぐんま〈けん〉)


関東地方北西部に位置する県。
周囲を栃木県・福島県・新潟県・長野県・埼玉県の5県と接する内陸県。全国一の養蚕(ようさん)県で畜産も盛ん。首都圏に含まれ、その経済活動の拡大に伴い都市化が著しい。自動車・電機などの近代工業が発達し、高崎市・太田(おおた)市を中心に内陸工業地帯を形成する。人口199万944。面積6362.33km2。人口密度312.93人/km2。管轄市町村は12市15町8村。県庁所在地は前橋市。県花はレンゲツツジ。
歴史を見ると、旧石器時代の岩宿(いわじゅく)遺跡(みどり市)をはじめ、旧石器時代・縄文時代・弥生時代の遺跡が多数発掘される。東日本で最多の古墳が分布する古墳文化をもち、国の史跡に指定されるものも多い。古代は上野(こうずけ)国で、大和朝廷の蝦夷(えみし)平定における前進基地となった。平安時代は各地に荘園(しょうえん)の成立がみられ、武家の政権掌握後は新田(にった)氏などの名門豪族を輩出。その後は群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)が続いた。近世には関八州の北辺にあたるため多くの関所が設けられ、街道や宿駅などの交通網が整備された。広大な畑地を利用したクワ栽培による養蚕は、製糸業の発達をもたらした。1871年(明治4)の廃藩置県で群馬県を設置。初めは高崎(たかさき)に県庁がおかれ、熊谷(くまがや)県となったこともあったが、すぐに県都を前橋(まえばし)に移転。1876年に東毛(とうもう)3郡を編入して現県域を確定した。明治期以降は海外から紡績の最新機械技術を導入し、殖産興業政策に基づく蚕糸王国として発展した。
地勢を見ると、北から北西にかけては三国(みくに)山脈、東は日光(にっこう)火山群と足尾(あしお)山地、南西は関東(かんとう)山地と、三方を山地に囲まれる。その間に赤城(あかぎ)山・榛名(はるな)山・妙義(みょうぎ)山の上毛(じょうもう)三山や武尊(ほたか)山・浅間(あさま)山などの火山が点在、県域の約3分の2を標高500m以上の山岳・丘陵地が占める。南東部は関東平野へと続く低地で、利根(とね)川水系の沖積地と洪積台地が広がる。利根川は県中部を南流し、各支流を集めて関東平野に流出。渡良瀬(わたらせ)川は足尾山地西麓(せいろく)を流れ、茨城・埼玉両県境で利根川に注ぐ。気候は、山岳地帯を除いて太平洋岸式気候を示し、冬季は晴天が多く、降水量が少ない。とくに南東部の平野では「赤城おろし」「浅間おろし」とよばれるからっ風が吹き、雷が多発する。
産業は、工場進出が顕著で、農業県から工業県へと変貌(へんぼう)した。農林業従事者は減少し、第三次産業の就業者数が伸長している。農業は、米麦作と養蚕を基盤としたが、近年は首都圏向けの野菜・果樹や工芸作物の栽培と畜産などの複合経営が定着。養蚕農家は減少したが、桑園面積は全国第1位。キャベツ・キュウリの生産量は全国トップクラスで、ほかにコンニャク・ネギ・シイタケも特産物。工業は、第二次世界大戦後の企業誘致・工業団地建設の結果、飛躍的に進展。利根川水系の電源地帯をひかえ、電機・輸送用機器を中心に機械・食品・金属などの工場が立地。前橋市・富岡(とみおか)市の製糸、桐生(きりゅう)市の絹織物のほか、木工品・竹製品製造など伝統産業も盛ん。
観光では、尾瀬(おぜ)国立公園の尾瀬沼・尾瀬ヶ原、上信越(じょうしんえつ)高原国立公園の谷川(たにがわ)連峰・草津白根(くさつしらね)山などの自然景観に恵まれる。妙義山付近は妙義荒船佐久(あらふねさく)高原国定公園に指定。草津温泉・伊香保(いかほ)温泉・水上(みなかみ)温泉・万座(まんざ)温泉・四万(しま)温泉など有名な温泉観光地も多い。富岡製糸場・群馬サファリパーク・ぐんまフラワーパーク・県立つつじが岡公園などが観光スポット。国の重要無形民俗文化財に指定されている安中中宿(あんなかなかじゅく)の燈籠(とうろう)人形、片品(かたしな)の猿追い祭り、樋越神明宮(ひごししんめいぐう)の春鍬祭(はるくわまつり)などの伝統行事のほか、渋川市伊香保町の伊香保まつり、石段ひなまつり、高崎市のだるま市なども有名。
吾妻郡
安中市
伊勢崎市
邑楽郡
太田市
甘楽郡
北群馬郡
桐生市
佐波郡
渋川市
高崎市
館林市
多野郡
利根郡
富岡市
沼田市
藤岡市
前橋市
みどり市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

群馬県

関東地方北西部に位置する県。内陸県で、西部・北部の県境には山々が連なり、南東部には関東平野がひろがる。上毛かるたの「鶴舞う形の群馬県」で知られる。県土の約3分の2が丘陵山岳地帯。気候は、山岳気候と平地気候が混在し、地域によって気温の変化が異なる。農業・機械工業が盛ん。県花は、れんげつつじ。県木は、くろまつ。県鳥は、やまどり。県魚は、あゆ。

[群馬県のブランド・名産品]
伊勢崎絣 | 磯部せんべい | 入山こね鉢 | 入山菅むしろ | 入山メンパ | 太田太鼓 | 太田の絞り | 大間々籠 | 迦葉山天狗面 | 桐生打刃物 | 桐生桶 | 桐生織 | 桐生紙 | 桐生絞 | 桐生竹細工 | 桐生手描き紋章上絵 | 桐生引染ボカシ | 桐生蓑虫工芸 | 桐生横振刺繍 | ぐんまシルク | ぐんまのこけし | 群馬の地酒 | 国分にんじん | こんにゃく | 自性寺焼 | 下植木ねぎ | 下仁田ねぎ | 十石みそ | 上越クリスタル | 上州牛 | 陣田みょうが | 高崎だるま | 高崎手捺染 | 高崎縄のれん | 高崎張子獅子頭 | 高崎まねき猫 | 月夜野桐箪笥 | 嬬恋高原キャベツ | 嬬恋根曲がり竹細工 | 利根沼田の座敷箒 | 西上州竹皮編 | 沼田うきもく | 沼田桐下駄 | 沼田組紐 | 沼田桑細工 | 沼田碁器 | 沼田指物 | 沼田鉈 | 沼田挽物 | 根利のスズしょうぎ | ハルナグラス | 榛名の木目込 | 日野竹細工 | 藤岡鬼面瓦 | 前橋びな | 万場山中打刃物 | 三国桐下駄 | 三国指物 | 水沢うどん | 宮崎菜 | 和重喜ながし

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

群馬県の関連情報