コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オッドアイ おっどあいodd-eyes

知恵蔵miniの解説

オッドアイ

虹彩異色症により左右の目の色が違うこと、またその状態になっている動物や人のこと。事故や病気により起こることもあるが、ほとんどは先天性であり、視覚障害などが生じることはまずない。犬や猫に多く見られ、特に白猫に多い。人にも稀に見られ、著名人では英国ミュージシャンであるデヴィッド・ボウイ(後天性)などが有名。

(2013-12-3)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

オッド‐アイ(odd eyes)

左右の目で虹彩の色が異なること。猫に多く見られ、その場合は金目銀目ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオッドアイの言及

【ネコ(猫)】より

…しかしオレンジアイにはあらゆる色相が見られる。 以上のほか虹彩が片方がブルーで他がオレンジのオッドアイ,全身が無毛のヘアレスキャットなどもあるが,これらは固定した品種ではなく,いろいろな品種に起こりうる。ヒマラヤン(イラスト)はペルシアネコとシャムネコを交配して1950年代に新しく作出された。…

※「オッドアイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android