コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オトメアオイ(乙女葵) オトメアオイAsarum savatieri ssp.savatieri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オトメアオイ(乙女葵)
オトメアオイ
Asarum savatieri ssp.savatieri

ウマノスズクサ科の常緑多年草。伊豆半島の天城山地,箱根,愛鷹山地などに産する。葉は卵形で長さ5~8cm,幅4~7cm,隔年ごとに1枚ずつ展開する。7~8月頃に根ぎわに花をつけ,そのままで冬を越し,翌年初夏に熟するという同属内でもきわめて特異な開花習性をもっている。花は淡褐色または緑紫色,やや丸みのある筒形で,筒内には6本の花柱と 12本のおしべがある。花柱は直立し,先端は角状に突出する。西丹沢と伊豆半島の一部には,花の形と花期がいくぶん異なるズソウカンアオイ A.savatieri ssp.pseudosavatieriが分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android