コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花柱 かちゅうstyle

翻訳|style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花柱
かちゅう
style

めしべの先端 (柱頭) と子房とをつなぐ柱状部で,いわゆるめしべの本体。花弁状化したものもあり,また,まったくこれを欠くものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かちゅう【花柱】

雌しべの一部で、柱頭と子房との間の円柱状の部分。受精する時、この中を花粉管がのびる。 → 花式図

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花柱
かちゅう

雌しべの柱頭と子房の間の部分。柱頭についた花粉より伸びた花粉管は花柱の中の花柱溝(こう)という部分を通って子房の中の胚珠(はいしゅ)に到達する。[田村道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の花柱の言及

【花】より

…めしべは心皮(大胞子葉)が袋状となり,胚珠をその内側に包み込んでいて,この部分を子房とよび,心皮の辺縁が閉じ合わさったところが柱頭となって,花粉を受け止める。多くのめしべでは子房と柱頭の間に花柱styleと呼ばれる生殖に無関係な部分が発達している。さらに花の基部に,葉が小型化した苞や小苞がみられることがあり,花の形成初期に,その保護に役だっている。…

【めしべ(雌蕊)】より

…〈しずい〉ともいう。被子植物の花の雌性器官で,子房,花柱,花頭の三つの部分からなり,受粉した後,花柱や花頭はしおれたり落ちたりするが,子房は発達してとなる。めしべは,異型胞子性のシダ植物(イワヒバ)や裸子植物(ソテツ)の大胞子葉と相同な心皮carpelからなっていて,葉の変態したものである。…

※「花柱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花柱の関連キーワードコシノカンアオイ(越の寒葵)ミチノクサイシン(陸奥細辛)ツルアリドオシ(蔓蟻通し)イワイチョウ(岩銀杏)オトメアオイ(乙女葵)ハクチョウゲ(白丁花)ボタンヅル(牡丹蔓)キンシバイ(金糸梅)ミズヒキモ(水引藻)チングルマ(稚児車)ミヤコアオイ(都葵)ミヤマダイコンソウタマノカンアオイウツギ(空木)タイリンアオイめしべ(雌蕊)ツルアリドオシクルマバハグマイワツメクサダイコンソウ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花柱の関連情報