コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おしべ おしべ stamen

翻訳|stamen

2件 の用語解説(おしべの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おしべ
おしべ
stamen

雄ずい (蕊) ともいう。種子植物の雄性生殖器官であって,長い花糸の先に花粉を含む葯 (やく) をつけた構造が,典型的なものである。おしべも花の他の構造と同じく,葉の変形とみなしうる。おしべの数は,他の指標とともに植物の分類で重要な特徴の一つとなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

おしべ

種子植物の花の一部で,花弁の内側に生ずる雄性生殖器官。〈ゆうずい〉とも。花粉を入れる(やく)とそれを支える花糸とからなり,中に1本の維管束があるものが多い。シャクヤクなどで,花弁状のものに葯がつくことから,葉の変形したものと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

おしべの関連キーワード種子植物胚珠胞子葉裸子植物植物界胚芽雄蕊雌蕊おしべ(雄蕊)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おしべの関連情報