コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オファイト ophite

翻訳|ophite

1件 の用語解説(オファイトの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

オファイト

ピレネー地方産のオフィティックな輝緑岩の一般名.ウラル石化したピジョナイト,緑簾石化またはスカポライト化した斜長石などがオフィティック組織を示している.プリニウス大理石の装飾用石材の中で緑色で蛇のような模様の岩石につけた名称で[Pliny : 77],後に特定の蛇紋岩を指すようになり,1798年にパラッソウはピレネー産のドレライト質岩石などの総称として用いた[Palassou : 1798].この中には非常に多くのウラル石化したドレライトが含まれている[Tomkeieff : 1983].この語はオフィティック(ophitic)構造との関係から使用しない方がよい[Tröger : 1935].ギリシャ語でophitesは蛇のようなの意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オファイトの関連キーワードブラストオフィティック組織オフィティック組織基性オフィティック組織輝緑岩組織酸性オフィティック組織酸性基性オフィティック組織トラキオフィティック流紋質オフィティック組織斑糲輝緑岩メソ輝緑岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone