オファイト(英語表記)ophite

翻訳|ophite

岩石学辞典の解説

オファイト

ピレネー地方産のオフィティックな輝緑岩の一般名.ウラル石化したピジョナイト,緑簾石化またはスカポライト化した斜長石などがオフィティック組織を示している.プリニウスが大理石の装飾用石材の中で緑色で蛇のような模様の岩石につけた名称で[Pliny : 77],後に特定の蛇紋岩を指すようになり,1798年にパラッソウはピレネー産のドレライト質岩石などの総称として用いた[Palassou : 1798].この中には非常に多くのウラル石化したドレライトが含まれている[Tomkeieff : 1983].この語はオフィティック(ophitic)構造との関係から使用しない方がよい[Tröger : 1935].ギリシャ語でophitesは蛇のようなの意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android