コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフプライス・ストア off-price store

2件 の用語解説(オフプライス・ストアの意味・用語解説を検索)

ブランド用語集の解説

オフプライス・ストア

オフプライス・ストアとは正規の卸売価格より低価格で仕入れ、他店より低価格で販売する小売業の業態のことをいう。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典の解説

オフプライス・ストア【off-price store】

有名ブランド品を低価格で販売する小売店であり、有名ブランド品の比重が低いディスカウント・ストアとはやや異なっている。百貨店商品の返品とかメーカー処分品などを現金で仕入れ、専門店などの2〜4割程度割り引いて販売する。米国では大きな小売勢力となりつつあるが、日本では流通段階での特殊性などから、まだ本格的なオフプライス・ストアはみられない。この種の業態をアウトレット・ストアと表現されるようになった。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オフプライス・ストアの関連キーワードセカンド・ブランド入門ブランドバリュー・ブランドスーパーマーケットナショナルブランド(NB)プライベートブランド(PB)時限再販ファクトリーアウトレットブランド志向バッタ屋

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone