コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比重 ひじゅうspecific gravity

翻訳|specific gravity

7件 の用語解説(比重の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比重
ひじゅう
specific gravity

ある物質の質量と,それと同じ体積を占める標準物質の質量との比。通常は,4℃の水を標準にする。同じ場所ではかれば,物質の質量の比でなく,重さの比をとってもよい。一様な物質であれば,密度の比でもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐じゅう〔‐ヂユウ〕【比重】

ある物質の質量と、それと同体積をもつ標準物質の質量との比。通常、セ氏4度の水を標準物質とする。
他と比べての、重点を置く度合い。また、占める大きさの度合い。「予算に占める人件費の比重が大きくなる」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

比重【ひじゅう】

物体の質量と,それと同体積のある標準物質の質量との比。ふつう,標準物質として,固体や液体の場合は4℃の水をとり(このときは比重の値はSI単位密度の数値にほぼ等しい),気体では0℃,1気圧の空気をとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひじゅう【比重 specific gravity】

一定体積を占める物質の質量を,同体積の標準物質(通常は4℃における水)の質量で割ったもの。密度は単位体積当りの質量であり,g/cm3という単位をもつが,比重は比であるために単位をもたない。4℃の水の密度は1g/cm3に非常に近い(0.999973g/cm3)ため,実用上は物質の比重の値と密度の値との差を無視しても支障はない。気体の比重の場合は,標準物質として0℃,1気圧の空気(ときには,水素または酸素など)をとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひじゅう【比重】

〘物〙 ある物質の質量と、それと同体積の基準物質の質量との比。普通、基準物質として一気圧、摂氏4度での純水をとる。
ある事柄が全体の中で占める割合。 「教育費の-が年々増大する」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比重
ひじゅう

各物質の質量が、それと同じ体積をもつ標準の物質の質量の何倍であるかを示した数値。厳密には、質量はある一定の力の下での慣性を測ることによって決められるが、普通は、同じ場所での重さの比で決められているので、比重と名づけられている。通常、液体や固体は、4℃の水1立方センチメートルが1グラムであるとして、これを標準とする。実際には、4℃の水の密度は0.999973g/cm3であるので、比重の0.999973倍がCGS単位で表した密度に等しいが、実用上その差は無視して差し支えない。気体の場合は、0℃、1気圧下での空気を標準にとることが多い。[池内 了]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

比重の関連情報