オマー シメオン(英語表記)Omer Simeon

20世紀西洋人名事典の解説

オマー シメオン
Omer Simeon


1902.7.21 -
米国のジャズ演奏家。
ルイジアナ州ニューオリンズ生まれ。
別名Omer Victor Simeon。
18歳でプロ・デビューし、1923年シカゴに行きチャーリー・エルガー楽団に参加する。’27年キング・オリバー楽団やアースキン・テイト楽団で演奏し、’31年からアール・ハインズ楽団で活躍する。その後、フレッチャー・ヘンダーソン楽団やコールマン・ホーキンス楽団、ジミー・ランスフォード楽団を経て、フリーランスとなる。’51年ウイルバー・ド・パリス楽団に参加し、’57年アフリカ巡演に加わる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android