コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレフィンメタセシス反応 オレフィンメタセシスはんのうolefin metathesis reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレフィンメタセシス反応
オレフィンメタセシスはんのう
olefin metathesis reaction

1つのオレフィン (→エチレン系炭化水素 ) が異なる2種のオレフィンに転化される反応で,オレフィンの不均化反応とも呼ばれる。オレフィンとアルカン (→メタン系炭化水素 ) から高オクタン価ガソリンをつくる反応を研究中に見出された。触媒としてはヘキサカルボニルモリブデン,ヘキサカルボニルタングステン,三酸化モリブデンとアルミナやシリカの不均一系触媒が使われる。炭素-炭素結合をつくる有機合成反応によく利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オレフィンメタセシス反応の関連キーワードシュロックショバングラブス

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android