オンサイド

精選版 日本国語大辞典「オンサイド」の解説

オン‐サイド

〘名〙 (onside) ラグビー、サッカー、ホッケーなどで、選手が競技してもさしつかえない位置にいること。⇔オフサイド

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のオンサイドの言及

【オフサイド】より

…各競技とも独自の規則をもっているが,それぞれの競技を特徴づける重要なルールで,もしこれを撤廃するといずれもまったく異質な競技になってしまうことは容易に想像できる。プレーヤーが正当な地域に位置しプレーに制約を受けない場合を,オフサイドに対してオンサイドon sideと呼ぶ。オフサイドの制約が中央線でくぎられた相手陣内に攻め込んだときに限られるのはサッカー,ホッケー,アイスホッケー,水球。…

※「オンサイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android