オーベルアンメルガウ(英語表記)Oberammergau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ南部,バイエルン州。スイス国境に近いガルミッシュパルテンキルヘンの北約 10kmに位置する。キリスト受難劇「オーベルアンメルガウ受難劇」が 300年来,村人によって 10年ごとに上演されていることで有名。 1634年この村にペストが流行したとき,疫病終息を祈って,村人が受難劇の上演を神に誓って以来のこととされる。このオーベルアンメルガウ劇は,ルネサンスやバロック演劇の影響を強く受けており,いわゆる中世受難劇とはやや趣を異にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android