オーベルアンメルガウ(英語表記)Oberammergau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーベルアンメルガウ
Oberammergau

ドイツ南部,バイエルン州の村。スイス国境に近いガルミッシュパルテンキルヘンの北約 10kmに位置する。キリスト受難劇「オーベルアンメルガウ受難劇」が 300年来,村人によって 10年ごとに上演されていることで有名。 1634年この村にペストが流行したとき,疫病終息を祈って,村人が受難劇の上演を神に誓って以来のこととされる。このオーベルアンメルガウ劇は,ルネサンスやバロック演劇の影響を強く受けており,いわゆる中世受難劇とはやや趣を異にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android