オーロラジェット電流(読み)オーロラジェットデンリュウ

デジタル大辞泉 「オーロラジェット電流」の意味・読み・例文・類語

オーロラジェット‐でんりゅう〔‐デンリウ〕【オーロラジェット電流】

オーロラの爆発的な活動に伴って発生する、オーロラオーバルに沿って西向きに流れる強い電流。最大100万アンペア程度で、地上磁場を乱す原因となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android