コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁場 じばmagnetic field

翻訳|magnetic field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁場
じば
magnetic field

磁界ともいう。磁気力の作用する空間。磁石または電流によってつくられる。このような空間に単位の磁荷を置くと磁気力が作用するが,この磁気力 H をその点の磁場といい,その大きさを磁場の強さ,力の向きを磁場の向きという。SI単位はアンペア/メートル,記号は A/mである。なお,磁場の強さを表すもう一つの量に磁束密度 B がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

磁場【じば】

磁界とも。磁石や電流のちかくに小磁石をもっていくと,小磁石に力がはたらくが,この磁気的な力の場。静止した磁石や定常電流によって生ずる。時間的に変化する磁場は必ず電場を伴うので電磁場という。
→関連項目アンペールの規則アンペールの法則エルステッドガウス(単位)残留磁化磁化磁気コア磁区磁力線電磁波障害電磁誘導場(物理)誘導電動機

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じば【磁場 magnetic field】

磁界ともいう。磁極に対して力を及ぼす空間,またはその作用をもつベクトル量のこと。1Wbの磁極に対して,1Nの力を及ぼす強さを単位にとり,これをA/m(アンペア毎メートル)と呼ぶ。CGS単位系では磁場の単位名はエルステッド(Oe)で,これは約80A/mに等しい。磁場は永久磁石や電流を流したコイル,ソレノイド,電磁石などによってつくられるが,その強さは磁極からの距離の2乗に反比例する。磁場内において,その点における磁場の接線方向に一致する曲線を磁力線line of magnetic forceといい,磁力線の密度はその点における磁場の強さに比例している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じじょう【磁場】

じば【磁場】

磁石や電流のまわりに生じる、磁力のはたらいている空間。磁場の強さを表す SI 単位はアンペア毎メートル(記号 A/m)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁場
じば

磁石のもつ磁極に対して力を及ぼすような場を磁場または磁界といい、記号Hで表す。単位はCGS単位系ではエルステッド(記号Oe)、MKS単位系またはSI単位系(国際単位系)ではアンペア毎メートル(記号A/m)である。磁場は強さと方向をもつベクトル量で、単位の強さの正磁極に対して及ぼす力で、その強さと向きを表す。孤立した磁石に磁場を加えると、そのN(正)極に働く力とS(負)極に働く力とは、大きさが等しくて方向が反対であるため、偶力を形成し、磁石のS→Nの方向が磁場Hの方向に平行になるまで磁石を回転させる。磁石の上に紙をのせ、上から砂鉄をまくと、磁石の一つの極から他の極に向かう多くの磁力線を描くが、これは、砂鉄の粒に生じた磁極が隣の粒の異なる符号の磁極と引き合って線状に並ぶからである。磁力線の向きは各場所での磁場の向きに一致し、磁力線の密度は、各場所での磁場の強さに比例している。磁場はまた磁位の勾配(こうばい)として表すこともできる。
 磁力線は磁石のN(正)極から出てS(負)極に達する。磁石の内部ではそのN極からS極に向かう磁場は、磁石の磁化の向き(S→Nの向き)と反対向きであるため、磁石の磁化を減らすように働く。このような磁場を反磁場という。孤立した磁性体を磁化することは、強い反磁場を生ずるために困難で、反磁場を減らすために一般に磁気回路が用いられる。発電機、電動機、変圧器などでは、いずれも鉄心によって磁気回路がつくられている。
 磁場を発生するには、その強さに応じて種々の方法が使われる。すなわち、数千Oe(数十万A/m)までは永久磁石が、3万Oe(2.4メガA/m)までは電磁石が、10万Oe(8メガA/m)までは数メガワットの大型直流電源を用いた空心コイルが、また15万Oe(12メガA/m)までは超伝導コイルが用いられる。それ以上の強磁場は、容量の大きなコンデンサーにためた電荷を低抵抗のコイルに放電し、瞬間的にコイルに大電流を流して、短時間だけ発生させる。この方法で、普通50万Oe(40メガA/m)までの磁場を発生させることができる。
 それ以上の強磁場では、前述の方法では、強い電磁力のためにコイルは破壊してしまうので、磁束濃縮という方法が用いられる。これは、金属製の円筒の中に磁束を通しておき、円筒を爆薬または電磁力を使っておしつぶす方法で、その間に電磁誘導の法則によって、磁束は一定に保たれるので、磁束密度は急激に増大し、数メガOe(数億A/m)の超強磁場が瞬間的に発生できる。[近角聡信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の磁場の言及

【電気】より

…電気および磁気の現象の統一的な理論をつくりあげることが,当時の野心的な物理学者すべての目標であった。これは,後の電磁場の理論を生みだしていく方向であった。その発展の中で,多彩な電気技術の発展の基礎である電磁誘導の発見も行われた。…

【電磁場】より

…電場と磁場の総称。二つの電荷q1,q2が距離rだけ離れて存在しているときに,その間には,の力が働く(クーロンの法則)。…

【場】より

…この事実は,それが電流であること(つまり静電気では起こらない),また従来の引力(静電気や磁力の場合には斥力も加わるが)のように,点と点との間に,直線的に働くのではないことなど,遠隔作用力で説明するには困難な性格をもっていた。そこからファラデーの磁場(電場)という着想が現れる。この着想の物理学的意味は重要であり,その説明とその後の展開については次項に譲るとして,より広範囲な文脈での意味もまた見逃し得ない。…

※「磁場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磁場の関連キーワードド=ハース‐ファンアルフェン効果フレミング‐ケネリーの法則シュプニコフ‐ドハース効果マグネットダイオードサイクロトロン運動磁気ヒステリシスホール素子磁力計二次ゼーマン効果フレミングの法則ウィーデマン効果地球ダイナモ説マイスナー効果磁気エネルギー堆積残留磁気電流磁気効果化学残留磁気電磁流体力学ダイナモ理論磁気抵抗効果双極子磁場

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磁場の関連情報