コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイメンタケ(海綿茸) カイメンタケPhaeolus schweinitzii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイメンタケ(海綿茸)
カイメンタケ
Phaeolus schweinitzii

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。はしばしばを欠く。主として針葉樹枯れ木倒木,切り株などに生える。生のときには海綿状または軟らかなコルク質であるが,乾くとサルノコシカケ類のように傘はくずれずに残る。柄のあるときは円形,柄のないものは半円形,径 20~30cm。表面は栗色で不明瞭な環紋がある。裏面は初め緑がかった黄色,のちに褐色になる。この菌は木材を腐食し,立ち木の根から進入したときは芯腐れを起すので,林業上の害菌である。日本各地に知られ,汎世界的に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android