コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針葉樹 しんようじゅ conifer

翻訳|conifer

7件 の用語解説(針葉樹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

針葉樹
しんようじゅ
conifer

球果類あるいは球果植物ともいう。裸子植物中で球果をもつ一群で,マツ科,スギ科,ヒノキ科,マキ科,ナンヨウスギ科イチイ科イヌガヤ科などが含まれ,世界に約 400種ほど知られていて,重要な森林資源となるものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんよう‐じゅ〔シンエフ‐〕【針葉樹】

針葉をつける樹木。裸子植物マツスギヒノキイチイなど。⇔広葉樹

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

針葉樹【しんようじゅ】

細くてかたい針葉をつける木をいう。広葉樹の対。植物分類学上はソテツイチョウなどを除いた裸子植物の大部分。木化した鱗片葉からなる球果をつけるので,球果植物とも呼ばれる
→関連項目造林タイガ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

林業関連用語の解説

針葉樹

樹木を葉の形態で分類した名称で、スギ、ヒノキ、マツ類、モミなど細くとがった葉をもった樹木をいう。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんようじゅ【針葉樹 conifer】

広葉樹の対語で,針状の葉をもつ樹木という意味ではあるが,実際には裸子植物の針葉樹類(球果植物類)に属する樹木を総称する。したがって,イチョウやソテツは含まないが,葉の幅は広くてもナギは含まれる。針葉樹の葉は一般に針形,線形,鱗形で,カラマツセコイアなどを除いて常緑性。雌雄異花で,受粉は風媒,木化した鱗片葉が集まってできた球果をつける。北半球に多く,亜寒帯亜高山帯では優占種となっている。熱帯や南半球では少ないが,マキ目,ナンヨウスギ目が分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんようじゅ【針葉樹】

裸子植物の大半を占める球果を結ぶ樹木の総称。温帯北部を中心に世界に約500種が分布。多くは針状または鱗片状の葉をつける常緑高木だが、ハイネズなどの低木、カラマツ・ヌマスギなどの落葉樹、また広披針形の葉をつけるナギの類も含まれる。材は緻密で繊維が長く、建材・パルプ用材などとして利用される。 ↔ 広葉樹

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

針葉樹
しんようじゅ

針のように細長く、堅い葉をつける樹木の総称。針葉樹は樹脂を多量に含み、揮発性成分に富んでいる。植物分類上では裸子植物中の球果植物類とイチイ類にまとめられる。細長い葉をもつとはいっても、ツツジ科ツガザクラエリカなどは針葉樹には含まれない。
 針葉樹は普通高木になるが、ハイマツ、ハイネズ、リシリビャクシンなどの低木もある。葉は常緑のものが多いため、常磐木(ときわぎ)とよばれることもあるが、カラマツなどでは落葉する。葉の形はさまざまで、トウヒ、モミ、スギ、マツなどでは幅が狭く針状となるが、ヒノキ、アスナロなどでは鱗(りん)状、ナギなどでは広葉樹のように幅広くなる。花は雌花と雄花に分かれる単性花であるが、マツ、スギ、トウヒ、モミなどでは同じ株に両花ともつく雌雄同株であり、イチイ、マキなどではそれぞれの花が別株につく雌雄異株となる。一般に実は「まつかさ」とよばれる球果をつくるが、マツ、トウヒ、カラマツなどでは種子の一端に翅(し)がある。また、イチイの種子は多肉の甘い仮種皮に包まれるし、マキでは堅い石果様となる。大形の種子をつくるものにはパラナマツなどがある。[鮫島惇一郎]

生態

世界の針葉樹はマキ、イヌガヤ、マツ、スギ、ヒノキ、ナンヨウスギ、イチイの7科に分けられるが、イチイを除く6科はすべて球果植物綱(マツ綱)にまとめられる。イチイ科はイチイ綱に含まれる唯一の科で、系統的にはかなり古い地質時代から分化してきた植物と考えられる。これらの7科は約50属に分けられ、およそ500種を含む。このうち日本には6科17属、約40種があり、コウヤマキ、アスナロ、スギの3属は日本固有のものである。北半球の針葉樹にはマツ科が多く、スギ、ヒノキ科がこれに次いでいる。南半球ではマキ、ナンヨウスギ科のものが多く、いくつかの重要な種を含んでいる。
 針葉樹は広葉樹に比べるとやせた乾燥地によく耐えるとされ、成長の最適温度も低いものが多い。したがって低緯度に少なく、高緯度地帯にタイガとよばれる広大なトウヒ、モミ、カラマツなどの針葉樹林を発達させている。一方、温暖な地域の針葉樹林としてマツ、ツガ、スギ、セコイアなどがある。日本に自生するおもな針葉樹のなかで林業上重要なものは、イチイ、カヤ、ヒノキ、サワラ、アスナロ、スギ、コウヤマキ、クロマツ、アカマツ、カラマツ、エゾマツ、アカエゾマツ、ツガ、トガサワラ、オオシラビソ、トドマツなどである。林業樹種の筆頭はスギで、北海道以外ではいちばん多く植林されている。スギは屋久(やく)島から青森県まで分布し、日本ではもっとも大きく、長寿である。とくに屋久島に生育するスギは胸高直径5メートル、高さ30メートルを超え、樹齢は2000年以上になる。有名なスギ林業地としては飫肥(おび)(宮崎県)、吉野(奈良県)、北山(京都府)、天竜(長野県、静岡県)、秋田などがある。針葉樹材のなかではヒノキが最高といわれ、日本の木造建築の優秀性もこのヒノキに負うところが大きい。とりわけ木曽(きそ)のヒノキは有名である。アカエゾマツは楽器材として定評があり、阿寒(あかん)周辺からとれるものが良材とされる。トウヒ、モミ、マツ属などの材からは良質のパルプがつくられるが、消費の増大に伴い、自然林が減少し人工林化が進んでいる。世界一高くなる裸子植物としてはセコイアがあり、大きなものでは胸高直径8メートル、高さ110メートル前後になる。中国で1945年に発見されたメタセコイアは化石植物としてよく知られる。[鮫島惇一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

針葉樹の関連キーワード顕花植物種子植物胚珠被子植物裸子植物主根植物界原裸子植物めしべ(雌蕊)前裸子植物

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

針葉樹の関連情報