コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスタニャリ Jules‐Antoine Castagnary

世界大百科事典 第2版の解説

カスタニャリ【Jules‐Antoine Castagnary】

1830‐88
フランスの美術批評家,ジャーナリスト。サントに生まれる。クールベら写実主義の画家たちと親交があり,やがて1860年代半ばに印象派の強力な擁護者となる。《ラ・リベルテ(自由)》《ラルティスト(芸術家)》《シエークル(世紀)》などの雑誌に反アカデミー的な記事を書いた。サロン評は57年から79年までで,ここでも写実主義・印象派系統の新しい芸術を賛美し続けた。第三共和政時代に政界に入り,87年より美術局長を務めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android